2020年04月01日

こんにちは。院長の安井です。4月となり暖かく穏やかな季節になってきました。

春の和菓子といえば桜餅。その桜餅を巻いている葉は「大島桜」の葉を塩漬けにしたもので、乾燥と香りづけのために巻かれています。みなさんはその葉も食べますか?

葉を取ったほうが和菓子の味、風味を感じられるからということで、全国和菓子協会では「食べないこと」を推奨しているようです。葉も一緒に食べるものだと思っていた人は、取って食べてみるのも良いかもしれません。

行動的になる春は、人と接することも多くなる時期。そこで気になるのが口臭です。口臭の原因が歯周病という場合もあり、正しい歯みがきをすることが歯周病予防には欠かせません。日本では30代以上の7割が歯周病ともいわれる現在、定期的な歯科検診で健康な歯をキープできるように心掛けてくださいね。 また新型コロナウイルスなどの感染症は鼻や口から入るため、口腔内を綺麗にケアすることで予防が期待できるというデーターもありますので今こそ感染予防のために歯科医院でプロによる口腔内ケアを受けてください。

 

2020年03月02日

こんにちは、院長の安井です。まだ寒い日が続いていますが、春の訪れまでもう少しの辛抱ですね。3月はひな祭りやお花見などさまざまなイベントがありますが、卒業式を初めとした出会いと別れの季節でもあります。

楽しかった思い出はもちろん、苦しかった出来事もいつかは宝物となることを願っております。次のステージに旅立った方、これから向かう方も、関わった人たちみんなに「ありがとう」の気持ちをもって、この季節の変わり目にリフレッシュしてみるのはいかがでしょうか。

そして迎える新年度。新社会人のみなさんは、スーツやバッグ、靴といった身だしなみの準備はできていますか?第一印象を良くするためにも、服装は気を付けたいものです。もうひとつ第一印象に欠かせないのが笑顔。雰囲気を明るくする笑顔には白い歯が欠かせません。白く健康的な歯になるためには、日頃の歯みがきと定期検診が効果的。ぜひ新生活の準備として歯科検診も忘れずに。

2020年02月01日

こんにちは。院長の安井です。「梅」咲き香る2月、寒いからとこたつで過ごしてばかりいると、身体がなまってしまいますね。何だか眠いしだるいと感じたら、元気を取り戻すために、「梅」干しはいかがでしょうか。

梅干しには、血流改善、疲労回復効果が期待できるクエン酸がたくさん含まれていて、果実の中でナンバーワンの含有量を誇るそうです。足が冷えて眠れないという冷え性の人も、おやつを梅干しにするなど取り入れてみるといいかもしれません。

そして梅干しにはお口にもプラスの効果があります。人間は酸っぱさを感じると、自然とだ液が分泌されます。だ液には殺菌効果があり、むし歯予防にもつながることをご存じですか。赤ちゃんのよだれにも殺菌作用があり、よだれの多い子はむし歯になりにくい傾向にあります。まさに「花より団子」のお話です。

口の中が潤った状態は、歯にとってベストな状態です。口の中が乾燥しがちな冬は、梅干しを活用して健康に過ごしましょう。

2020年01月01日

こんにちは。院長の安井です。新しい年の幕開け。「東京オリンピック・パラリンピック」がいよいよ開催される年になりました。近年では日本人選手の様々な分野での躍進が目立って来ています。これまで世界では通用しなかった競技でのメダルも期待されていますね。

オリンピックイヤーの今年はさらに多くの外国の方が来日し、改めて日本の文化に注目が集まるでしょう。なかでも新年といえばやはり「獅子舞」です。獅子舞はインドから中国、日本へと伝わってきたと言われています。「獅子舞が噛み付くと、神がつく」。獅子舞に頭を噛んでもらうと魔除けになり、1年をよりよく過ごせるそうです。

そして、獅子舞といえば「整った歯並び」が印象的ですね。歯並びが美しいと、自然と笑顔も素敵になります。また、不調の原因が実は噛み合わせにあった、という場合もあるので、小樋は歯並びやかみ合わせを見直してみませんか。院長はじめスタッフ一同、患者様に寄り添ってまいりますので、本年もよろしくお願いいたします。