mb_header
治療科目
入れ歯について

入れ歯の役割とメンテナンス

歯が抜けてしまったまま放っておいては、口の中の状態は悪くなってしまいます。
また、食べ物を噛んで食べられないなど、健康面へも様々な問題を発生します。
歯がないと噛まないで食べるので、ついつい食べ過ぎてしまい過食症になるとも言われています。

入れ歯というと、なんとなく年寄りじみているようで、イヤな気がするという人も多いようです。
また確かに、入れ歯を使うことは、自分の健康な歯ほどは快適ではありません。

しかし、歯科医療の進歩のおかげで、今日の入れ歯は、虫歯や歯周病で、すっかり傷んでしまった天然の歯よりもずっと良いものになっています。

有床義歯(入れ歯)を入れた方へ

1. 食事は、はじめはやわらかいものから食べてみてください。 また、前歯で物を噛み切ろうとしないで、できるだけ奥歯で咬んむようにしてください。

2. 痛い所やバネが合わない所があれば、ご自分で調節せずに、ご来院ください。

3. 夜おやすみになるときは、歯ぐきを休ませるために、入れ歯を必ずはずしてください。
はずした入れ歯は、乾燥させると変形しますので必ず水に浸けておいてください。

4. 残った歯を大切にするために歯磨きを頑張ってください。
特にバネをかけた歯は、虫歯になりやすいので念入りに磨いてください。

5. 入れ歯にも汚れがつきますので、歯ブラシや義歯用ブラシなどで磨いてください。
また、義歯洗浄剤などもお使いください。

当院では義歯の定期検査を行っています。
1ヶ月検診
6ヶ月検診
1年検診(以後6ヶ月毎)
大きくはこの3つですが、調子が悪い場合はこの限りではありません。いつでも調整に来て下さい。


保険外(自費)診療について

かぶせ物・入れ歯などの補綴物には保険対応の物と、保険外の自費の物があります。
それぞれのメリット・デメリットを補足説明いたします。
補綴メニューより患者さんご自身の歯に入れられる物をお選びいただけるようにお手伝いいたします。
自費治療費については、お気軽にお尋ねください。

オールセラミックスの白い歯『エンジェルクラウン』も取り扱っております。
虫歯の治療で歯を削ったところに、詰め物やかぶせ物をしますが、そのかぶせ物を「クラウン」と呼びます。このクラウンの素材として、金属やプラスチックを一切使わず、白い透明感のある陶材「セラミックス」を使用したのが「オールセラミックスクラウン」です。
自然な白さを表現でき、永年の使用でも変色しないところが特長です。

見た目も噛み心地も、自然な仕上がり。
最先端のシステムで、一人ひとりに最適な歯を削りだした後は、まわりの自分の歯に合わせて色や形を微調整。天然の白い歯と遜色ない、美しく自然な仕上がりです。もちろん、噛み心地もごく自然で違和感もありません。


長年使っても安心。強度も十分です。
歯科医療用に特別に開発されたセラミックスブロックを、コンピューター制御による最先端のシステムで、1本1本精密に作製していくので、品質にばらつきがなく、強度・耐久性も十分。 プラスチック素材を一切使わないため、長年使っても、変色することはありません。


mb_tel
CONTENTS
HOME 診療方針・理念 設備紹介
TREATMENT
治療科目一覧 一般歯科 虫歯の分類と治療法 入れ歯について 知覚過敏 歯周病について レーザー治療 口腔外科 顎関節症 インプラント
小児歯科・予防歯科・審美歯科
小児歯科について カムカムクラブ ウェルカムクラブ 矯正歯科・審美歯科 口腔内科 無痛治療 ブライダルホワイトニング
SUPPORT
初めての方へ 治療の流れ スタッフ紹介 患者様の声 院内新聞 スマイル通信 アクセス 求人情報 よくある質問 お知らせ