mb_header
治療科目
口腔外科
親知らず

大人の歯は、13歳前後までに全部(前歯から第二大臼歯まで、28本)生えてきます。それからかなり遅れて20歳前後に歯の列の1番奥に生えてくる歯があります。この歯のことを、親知らず・第三臼歯・智歯と呼びます。
左右、上下に1本ずつ計4本あります。
親知らずは、一般的に真直ぐに生えてくることは珍しく、斜めに生えたり、真横に生えたりしていることが多いです。
舌で触ったり鏡をみたりして確認してみてください。
親知らずは抜いた方がいい?

上下の親知らずが正常に噛み合って、虫歯や歯周病になっていなければ抜く必要はありません。
しかし抜いた方がいいと勧められる理由は
1.歯ブラシが届きにくく虫歯になる
口の中の1番奥にあるため歯ブラシが届きにくく、歯磨きをしていても虫歯になりやすい。
2.歯並び、噛み合わせを
悪くすることがある
斜め、或いは横に向いて生えてくること(顎の中に埋まっている場合も含む)が多いので噛み合わせが変わってしまう事もあります。
3.親知らず自体が炎症の原因と
なることがある
親知らずが斜め、或いは横に生えていると、手前の歯との間に食べ物が詰まりやすくなるため、 歯肉が痛んだり、炎症を起こしたりしてしまいます。

原因の親知らずを抜かない限りは炎症を繰り返します。炎症は時に重症化し、顎が腫れたり、痛んだりします。
また、口が開けにくくなったり、唾を飲み込むと喉が痛むこともあります。
かならずしも親知らずを抜く必要はないのですが、残念ながら現在では全く問題が無いケースのほうが稀です。 多くの方が親知らずに関して何らかの問題をかけています。

また
「たばこを1日20本以上吸っている。」
「麻酔が効きにくい体質と言われた。」
「傷が化膿しやすい。」
「毎日、体を動かす必要がある。」
「顎関節症と診断されたことがある。」
「嘔吐反射が強い。」

など口腔外科的なことで困ることがあれば当医院にご質問下さい。
mb_tel
CONTENTS
HOME 診療方針・理念 設備紹介
TREATMENT
治療科目一覧 一般歯科 虫歯の分類と治療法 入れ歯について 知覚過敏 歯周病について レーザー治療 口腔外科 顎関節症 インプラント
小児歯科・予防歯科・審美歯科
小児歯科について カムカムクラブ ウェルカムクラブ 矯正歯科・審美歯科 口腔内科 無痛治療 ブライダルホワイトニング
SUPPORT
初めての方へ 治療の流れ スタッフ紹介 患者様の声 院内新聞 スマイル通信 アクセス 求人情報 よくある質問 お知らせ