mb_header
治療科目
顎関節症

口が大きく開けれない、口を開けると音がするというような顎の痛みや不快感を総称して顎関節症といいます。
顎に異常を感じたら
Q.顎関節症ってどんな病気?
A.
顎関節症はアゴの関節が音がしたり、痛みがあったり、 時には口を開けにくくなったりアゴを支えている筋肉に痛みが起ったりする病気です。
Q.原因はなに?
A.
原因は、歯並びや生活習慣、ストレスや頚椎の異常、筋肉の緊張などいろいろな要素がからみ合って起っていると考えられます。
Q.どんな治療をするの?
A.
当院では生活習慣の改善による治療を行っています。
痛みがひどい場合や口が開けにくいときには、短期間痛み止め等のお薬やレーザーを使うこともあります。 ケースによっては、スプリントといってスポーツ選手がするようなマウスガードのようなものを装着することがあります。
すべて保険治療になります。
Q.生活習慣の改善とは?
A.
人間にはいろいろな状態や環境に慣れる(順応する)能力があります。 しかし、その許容範囲を超えてしまうと、故障を訴えます。顎関節症も悪い生活習慣が長い時間かかって許容範囲を超えたため 自覚症状が出たと考えられます。このようなことから、顎関節症は生活習慣病とも言えます。 そこで、生活習慣を改善することにより、症状を許容範囲の中へ戻してあげようという考えです。
Q.何に気をつければいいの?
A.
次の習慣に思い当たるところがあったら直してみてください。
・症状を悪化させないために、顎で雑音をさせて遊ばない、口を大きく開けない、 硬いものを無理して噛まない、顎の痛くなる開け方をしない、歯ぎしりやかみしめ、 顎を押さえるなどの習癖は止める。
・姿勢を良くすることと、頬杖をつく、顎を前に出す、日中の歯ぎしりなどの口腔習癖は止めるようにする。
・顎運動のリハビリテーションとして、ご飯、野菜、魚や肉の切り身などの普通の食べ物を奥歯でゆっくり噛んで食べる、 片側咀嚼をしない、食事中に水やお茶を飲まない。
・顎をいたわりながら両方の臼歯でゆっくりと咀嚼する習慣をつけることが大切。 くよくよせず適度の気晴しをして、ストレスをためない。
がんばって、続けてみてください。
顎関節症の症状

・口を開けた時に音が鳴る。
・口を閉じた時に音が鳴る。
・口を開けると左右、又はどちらかの耳の周りが痛む。
・痛くて口が開けられない。
・朝起きると顎が疲れている。
・頬の筋肉が痛む。
・顎を動かすと音が鳴る。

など様々な症状があります。


顎関節症のその他の症状

頭痛、首や肩、背中の痛み、肩こりなど顎だけでなく全身の様々な部位に症状が現れることがあります。


mb_tel
CONTENTS
HOME 診療方針・理念 設備紹介
TREATMENT
治療科目一覧 一般歯科 虫歯の分類と治療法 入れ歯について 知覚過敏 歯周病について レーザー治療 口腔外科 顎関節症 インプラント
小児歯科・予防歯科・審美歯科
小児歯科について カムカムクラブ ウェルカムクラブ 矯正歯科・審美歯科 口腔内科 無痛治療 ブライダルホワイトニング
SUPPORT
初めての方へ 治療の流れ スタッフ紹介 患者様の声 院内新聞 スマイル通信 アクセス 求人情報 よくある質問 お知らせ