インプラント

オーダーメイド・インプラント

orde-rmade-inpuranto

術前に万全のカウンセリング、診査・診断を行いますので、患者様一人一人に合わせた治療を提案しております。

金属アレルギーの方には、樹脂のインプラントもご用意しておりますので、ご安心ください。

また、どんな状態であっても『一流の歯科技師』がご対応するので、ご安心ください。

インプラントとは、自分の歯がなくなったあとに、今までのような入れ歯でなく、人口の歯根を植立して、自分の歯と同じように噛めるようにする方法です

最近、歯科医療にインプラント(人工歯根)による治療が取り入れられ、ここ数年で患者さんの数が増加しつつあります。
インプラント(人工歯根)とは、自分の歯がなくなったあとに、今までのような入れ歯でなく、人工の歯根を植立して、自分の歯と同じように噛めるようにする方法です。
自分の歯と比較すると、天然の歯は歯根と歯との間に歯根膜という神経があって、噛んだ時のクッションとしての役目をしております。
人工歯根は、直接骨と接しております。
新しい素材として噛み心地のよいチタンや歯と同じような成分のアパタイトが開発され、それが人工歯根に応用されています。

インプラント治療の対象となる方・ならない方

インプラント治療の対象となる人
(1)歯がなくなったが今までのような義歯を入れるのが嫌な人
(2)歯を植立する場所に骨が充分ある人
(3)年齢、性別は成人であれば問いません

骨粗しょう症のような顎骨のやわらかい人はインプラント治療に問題があります。

インプラント治療の対象にならない人
(1)全身疾患のある人
(2)歯周病のひどい人
(3)歯並びの悪い人
(4)タバコを吸う人
(5)歯の手入れをよくできない人

インプラントの治療に要する期間

インプラントの種類によって多少異なりますが、大体2時間程度です。
インプラントを埋入して定着するまで2〜3ヶ月みる必要があり、その上で上部構造を設置し、咀嚼状態を確認します。

インプラントの優れた点

インプラント
  • 見た目がきれいです。
  • 周りの歯を傷つけません。
  • 噛み心地は自分の歯とほぼ同じです。
  • 人工の歯が骨と結合し、違和感がありません。
  • インプラントの種類により、手術が1回の場合と2回の場合がありますが、回復がとても早いです。

インプラントと他の治療法との比較

現在 注目されるインプラント治療は、これまでの治療、入れ歯やブリッジに比べると、患者さんにとっても大きなメリットがあります。

インプラント

健康な歯を削る必要がなく、人口歯根がしっかりと固定されます。他の歯に依存せず、他の歯への負担がありません。咬合力が強く、外観も不自然さがありません。天然の歯と変わらない噛み心地があります。治療期間1-2ヵ月(AQBインプラントの場合)。

部分入れ歯

取り外し可能なので、両隣の健康な歯を削らずに済みます。バネで両隣の歯に止めるため、不安定で噛む力は弱くなり、両隣の歯に負担がかかります。バネが目に付き、見た目は今一つの場合もあり、噛み心地も違和感があることがあります。治療期間2週間〜1ヵ月。

総入れ歯

歯茎全体で入れ歯を支えます。安定が悪く、噛む力はかなり弱くなります。固いものが食べられず、食感が悪くなります。治療期間1〜2ヵ月。

ブリッジ

ブリッジを支える両隣の健康な歯を削る必要があり、噛み合せの時に両隣の歯に負担がかかります。 部分入れ歯に比べると、安定しており、噛む力も回復し、天然の歯に近い噛み心地があります。治療期間2〜3週間。

項目/治療法インプラント入れ歯ブリッジ
審美性優れる良くない良い
噛む力優れる弱い良い
口内衛生優れる(手入れ必要)不衛生になりやすい不衛生になりやすい
耐久性優れる(手入れ必要)合わなくなる事が多い両隣の歯に負担
健康な歯を削るなしなし両隣の歯を削る
違和感なし有り少ない
顎骨がやせるなしやせるやせる事がある
手術有り(抜歯程度)なしなし
診療形態自由診療となります保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
治療期間1-2ヵ月 (AQBの場合)2週間-2ヵ月2-3週間

 

インプラント治療の流れ

1ピースAQB1回法でインプラントを埋入する場合の治療の流れをご紹介します(例)。

1.カウンセリング

治療に関してのカウンセリングを行います。カウンセリング、ご相談は無料です。

2.インプラントの診療・診断・治療計画の説明

インプラントを埋め込む箇所と口腔内の骨の状態、歯肉の状態、噛み合せの診察を行います。レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯形や噛み合せの採得等を行い、口腔内全体での治療計画を立て、 十分に患者さんと話し合いをします。

3.術前処置

必要な場合、歯周病、カリエス治療、不良な冠の除去等を行い、衛生状態を良好にし、噛み合せを整えるための準備をします。

4.インプラント植立手術

診断計画に従い、インプラントの歯根になる部分を埋入します。
AQBインプラントの場合、手術時間が短く、麻酔時間を除き、1本10-15分程度です。

5.手術終了

患者さんの手術後の状態を確認して、帰宅となります。

6.手術後の消毒

翌日、手術部位の確認と消毒を行います。前歯など外観が気になる部位には、ここで仮歯を入れる場合があります。

7.治療期間

患者さんの状態により、AQBインプラントの場合1ヵ月から2ヵ月程度という業界最短の治癒期間(インプラントが骨癒合する期間)を設定します。
AQBインプラントでは、手術後1週間程度で抜糸し、仮歯を入れます。歯肉の状態と噛み合せの状態をチェックし、修正し、全体のバランスを整えます。

8.最終的な装着歯の作製と装着

全体の噛み合せを整え、表面の色をチェックしながら最終的な装着歯を被せます。

9.定期健診、メンテナンス

最終的な装着歯を被せても、未だインプラント治療は完成ではありません。インプラントを長持ちさせるために、メンテナンスを開始します。歯科医師の指導に従い、患者さん自身で口腔内を清潔に保つこと(プラークコントロール)が大切になります。また、定期健診(1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、半年後)で噛み合せのチェック、骨の検査、被せた歯の緩み等の検査をします。

インプラントのメンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。先生の指導に従い、正しい歯みがきを心がけてください。また、半年に一度、定期検診を受け、インプラントの状態を先生に診てもらうようにしてください。

骨量の骨密度に問題ある方の施術もいたします

インプラント
再生治療
2014年施工の厚生労働省の「特定細胞加工物製造施設」の認定を取得しています。


骨量の骨密度に問題ある方の施術もいたします。

人工骨を使用しない新しい骨造成法「多血小板フィブリン」と
呼ばれる本人の血液を加工した専用血液の包帯です。
「多血小板フィブリンの役割」…採血した血液20〜50ℓを血水と血小板に遠い分離で濃縮しゲル状に固めたもの。(CGF)


1 血管を新しく作る
2 感染を防ぐ
3 再生能力を保進する
4 傷口をきれいに防ぐ

津山 泰彦 先生
九州大学歯学部 卒業
東京大学 医学部口腔外科 助手、
近畿大学医学部形成外科講師などを経て現職。AIM(日本先進インプラント医療学会)専門医・指導医・常任理事