ブライダルホワイトニング
bridal

ホワイトニングとは

当医院のホワイトニングは、歯を「削る/傷つける」ことなく白くします。
歯の表面にホワイトニング剤を塗り、光などを当てることにより活性化し、歯の色素を分解して明るさを上げて歯を白くします。
照射には、最新機器「ビヨンドホワイト」を導入いたしました。従来のホワイトニング用のライトは、歯ぐきへの影響や、皮膚へのUVのリスクがありましたが、この最新の機器ではそれらのリスクをカットしておりますので、安心してホワイトニングを受けていただけます。

ビヨンドホワイトとは

ビヨンドの特長=強い発熱のない光

過酸化水素は「光」によって効果的に働きます。つまり、光をあてることによって短時間でホワイトニングすることができます。同じ薬剤を同じ時間使用したとしても光をあてないのとあてるのではその効果は3倍違ってくるといわれています。ところが、光であれば何でもよいというわけではありません。

光は同時に強い発熱があり、この熱が歯を痛めますので、安全な光を選ぶ必要があります。光には様々な種類がありますが、光によっての効果やリスクも異なります。ビヨンドはパワーの強いハロゲン光を使用していますが、特許取得済みの特殊フィルターで、強いパワーを維持しつつ、熱を抑制していますので、安全面でも安心です。

P  R  I  C  E    L  I  S  T

■ ブライダルプラン

純白のドレスに合わせて、ステキな笑顔の写真に白い歯を!

・オフィスホワイトニング ¥18.000/1回

・ホームホワイトニング ¥25.000/液剤12本で約2週間分

・デュアルホワイトニング(オフィス+ホーム) ¥40.000

■ ペアプラン

新郎新婦お二人で白い歯でステキな笑顔に!
¥33,000/1回
¥66,000/2回

F   L   O   W

カウンセリング

お口の中を拝見し、式の前に一番キレイな状態にできるよう
スケジュールを立てます。

1回目のホワイトニング

歯の表面の汚れを落とし、元の歯の色に戻します。
ホワイトニングによって歯を白くします。

2回目のホワイトニング

式前に2回目のホワイトニングを終わらせることをお勧めします。

メンテナンス

ご自宅でホワイトニング歯磨きなどで歯の白さをキープします。

結婚式

お口の中を拝見し、式の前に一番キレイな状態にできるよう
スケジュールを立てます。

ホワイトニング Q&A

歯の内部の色素沈着を歯の表面にホワイトニング剤を塗り、作用させることにより歯の色素を分解して明るさを上げて歯を白くする方法です。

歯科医院(オフィス)で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。
ホワイトニング剤を歯の表面に塗った後、光、レーザー等を照射することによりホワイトニング剤を活性化し、歯の漂白を行う方法です。
家庭で行うホワイトニングをホームホワイトニングと言います。
歯科医院を受診し、型を取った後に個人の歯(歯並び)に合ったマウスピース状のトレーを作り、トレーにジェル(ホワイトニング剤)を流して口腔内に装着し、歯の漂白を行う方法です。

カウンセリング・診査→ブラッシング→術前の歯の色の確認・写真撮影→開口補助具の装着→歯肉保護材の塗布→ホワイトニング剤の塗布→光照射(10分)→ホワイトニング剤の塗布→光照射(10分)→ホワイトニング剤の塗布→光照射(10分)→歯肉保護材の除去→開口補助具の取り外し→洗口→ブラッシング術後の歯の色の確認・写真撮影→フッ素塗布

着色の認められる歯はホワイトニングの対象となると思われますが、下記の項目に該当する歯は十分な効果が得られない、
あるいはホワイトニングの対象から外れます。

○ホワイトニングの対象となる部位のむし歯、重度歯周疾患(治療を優先)
○エナメル質に亀裂が入っている場合
○重篤な変色歯(ホワイトニングのみでは対応仕切れない場合があります)
○セラミック・金属・プラスチックなどの人工の歯
○歯の神経が死んでいる場合

また下記の事項に該当する方、ホワイトニングは控えられたほうがよいと思われます。
○妊娠中、授乳中の方
○漂白剤やラテックスにアレルギーのある方
○無カタラーゼ症の既往のある方
○重篤な知覚過敏症の歯がある方
○金属塩による着色歯の方
○小児

効果には個人差があります。より白い歯を望まれるには施術回数が必要になります。

ホワイトニング後に普段の生活から必然的に着色物質が取り込まれるため、 ホワイトニング直後に比べ歯の色がホワイトニング前の色に戻る傾向(再着色)がみられます。
そのため定期的なホワイトニング(歯の色が気になったときが次回のホワイトニングのタイミング)やホワイトニング後のケアが必要です。
ホワイトニングにより歯の表面を覆っている被膜(ペリクル)が除去されますが、12時間〜24時間かけて被膜は再生されます。この被膜が再生するまでは色の濃い飲み物や食べ物はお控えください。
ホワイトニングを受けるときはホワイトニング後にイベント、パーティ、会食等の予定がある場合は上記のような食事の制限を受けるためあらかじめ予約の日を考慮してください。
施術後1週間はホワイトニング用歯磨剤『パールホワイト』の使用をお勧めします。パールホワイトにはアパタイトと微粒子の研磨剤が入っています。ホワイトニング後歯面についた汚れの除去に有効です。

虫歯の治療完了後のホワイトニングをお勧めします。ホワイトニング剤との接触により術中に痛み(激痛)を生じる場合があり、ホワイトニングの継続が困難となります。

ホワイトニングの効果はありますが、術後の再着色の原因となるのでオフィスホワイトニングでは施術後24時間は禁煙されることをお勧めします。

ホワイトニングにより歯の表面を覆っている被膜(ペリクル)が除去されますが、12時間〜24時間かけて被膜は再生されます。
この被膜が再生するまでは色の濃い飲み物や食べ物はお控えください。

当クリニックでは1回の施術時間が約60分で約1〜2週間のインターバルを置いて2回の予定ですが、より白い歯を望まれる場合には回数が増えます。カウンセリング等の時間は含まれていません。

クリーニングは歯の表面についた茶渋、ステイン(歯の着色や汚れ)を取り除きます。
ホワイトニングは歯の内部の色素沈着を漂白します。
また、ホワイトニングは歯の見える面(唇面)が対象となり内側の面(舌面)歯対象となりません。内側のケア、白さを維持するする目的としてホワイトニング後にクリーニング等を受けられることをお勧めします。

自宅で行うものがホームホワイトニングと呼ばれているものです。
歯科医院を受診し、型を取った後に個人の歯(歯並び)に合ったマウスピース状のトレーを作り、自宅でトレーにジェル(ホワイトニング剤)を流して口腔内に装着し、家庭で歯の漂白を行う方法です。

直接関係はありませんが、口腔のケアに関心を持つようになりむし歯や、歯周疾患の予防にも効果があるものと思われます。

「チクチク感(刺激)」を感じる場合があります。原因は過酸化水素による歯の中(象牙質)の脱水症状に起因するものです。

犬歯や歯茎部の黄色の濃い部分は時間がかかります。
帯状の着色(バンディング)が残る場合があります。エナメル質の色の落ちにくい部分が残るためによるもので ホワイトニングを続けることで改善されます。
歯の表面の性状によりホワイトニングの効果が異なります。効果には個体差があります。